確定拠出年金とは

1. 確定拠出年金とは

確定拠出年金は、2001年に設けられた年金制度です。その最大の特徴は、加入者が自ら掛け金を運用し、運用の結果次第で受け取る年金額に差が出ることにあります。

この制度は、アメリカの年金制度の「401kプラン」を模してつくられたため「日本版401k」、あるいは単に「401k」とも呼ばれています。また、従来の企業年金のように受け取る金額が確定している年金は、確定給付年金、英語ではDB(Defined Benefit)と呼ばれ、これに対し、確定拠出年金はDC(Defined Contribution)と呼ばれています。

この名前は、年金給付を受ける側にとって、給付金が確定しているのか、それとも掛け金を拠出することのみが確定しているかの違いによって付けられています。

2. 確定拠出年金の種類

確定拠出年金には、企業が実施主体となって導入する「企業型確定拠出年金」と、国民年金基金連合会が実施主体となり、自営業者や企業年金を実施していない企業に勤務するサラリーマンなどが任意で加入する「個人型確定拠出年金」があります。

3. 確定拠出年金のメリット

確定拠出年金には、次のようないくつかのメリットがあります。

  • 多数の選択肢(株式、公社債、投資信託、預貯金、保険など)の中から商品を選び、上手に運用すると、高い運用収益が期待できます(反対にリスクもあります)。
  • 個人ごとの口座で管理するので、自分の持分が明確になり、将来の設計がしやすくなります。
  • 転職した場合でも、自分の年金をそのまま持ち運べるというポータビリティを有します。
  • 掛け金の拠出時の所得控除や運用時の非課税、また受給時に年金で受け取る場合は公的年金等控除、一時金で受け取る場合は加入年数を勤続年数扱いとする退職所得控除が適用されるなど、税制の優遇措置を受けることができます。
    ※税制の変更により内容が変更となる場合もございますのでご注意ください。
  • 給付は、原則60歳以上から受けられ、給付金は年金または一時金から選ぶことができます。(給付の方法については、プラン毎に異なります。)