ボリンジャーバンド
(ぼりんじゃーばんど)

カテゴリ : 

現在の株価が売られ過ぎか、買われ過ぎかを判断するときに使われるテクニカル分析手法のひとつ。『株価移動平均線』とその標準偏差σ(シグマ)(±1σ、±2σ、±3σ)をチャートに重ねて描き、±2σの補助線内に約95%の確率で株価が収まることから、この補助線を超えると売られ過ぎ(または買われ過ぎ)といわれています。

情報提供:株式会社時事通信社

このページ最上部の「キーワードで検索」では、
当社のレポートや特集など役立つ情報を検索することができます